システムの専門家がいないと導入できないの?

専門家がいなくても大丈夫

システムを導入しても専門家がいないと使えないというイメージがありますよね。マーケティングオートメーションは売り上げを上げるためにするべきことが定義されていますのでそのコマンドを使いこなすことが重要です。具体的には、顧客のデーターベースの作成を行い呼び込みやイベントを実行します。この一連の顧客データーを分析してさらにアプローチを仕掛けて顧客を育成するというものです。つまり分析機能が自動化されたりカスタマイズすることができますのでそれを使って戦略を立てることが重要な工程です。知識だけでなくアイデアが問われますよ。顧客が企業であろうが個人消費者であろうが対応できるようになってるため幅広い業界に使うことができます。

必要な機能と標準化が重要

マーケティングは業界によって戦略が異なったり分析手法が異なりますよね。マーケティングオートメーションはコマンドが目的にあっているかが重要です。仕様をカスタマイズしてくれる商品もありますよ。具体的には、見込み客の育成機能としてアンケートフォーム作成やSNSの作成などがあります。シナリオを構築して定期的にメール配信する機能もありますよ。分析では、イベント参加の有無やサイトの閲覧履歴などを顧客の行動結果として分析したり、アンケート結果の集計などがあります。また、これらの機能を業務標準に落とし込んでマーケティング技術を形に残して誰でも使えるようにすることが必要になります。企画の後に業務フローで整理します。