どうやって見込み客を絞り込むの?

マーケティングオートメーションで見込み客を本当のお客さんに!

現在、潜在的な顧客である見込み客を実際のお客さんにすることがビジネスでは重要になっています。昨今では様々なクラウドサービスを用いたマーケティングオートメーションで多くの見込み客の情報を得ることが出来るようになってきています。マーケティングオートメーションを用いて、見込み客がどのような行動パターンをとるのか、どのような趣向なのか、ということを収集した情報から読み解くことが大事になってきます。手に入れた情報を生かしどの媒体で、どのような方法で、またいつ広告を出すのか、などといった広告戦略を立てていくことが見込み客を引き込むことへとつながっていきます。マーケティングオートメーションの機能にも様々なものがあり、その機能を十分使いこなすことが大切です。

マーケティングオートメーションの具体的な機能とは?

では、具体的に見込み客を実際の顧客にするために特に有用な、マーケティングオートメーションの機能とはどのようなものがあるのでしょうか。まずCookieとと呼ばれるシステムをほとんどの場合で活用しています。CookieとはWEBサイトにアクセスされた訪問者の閲覧履歴などを保存するものです。ここに保存されたメールアドレスと閲覧履歴を紐づけることにより見込み客それぞれの行動を把握することにより、客ごとに効果的な広告戦略を打つことができます。そしてその収集したデータを基に広告配信ツールや自動メール配信機能などを用いて見込み客に対しての意識付けをしていきます。そして、スコアリング機能と呼ばれる見込み客の興味などを分析し、この数値が高い見込み客に対し個別の電話などでセールスをしていくといった流れです。